キズパワーパッドのにきび跡への効果!バンドエイドでニキビ跡をケア

キズパワーパッド(バンドエイド)がニキビ跡のケアに有効だという噂を聞き、その真偽を確かめてみました。キズパワーパッドのニキビ跡への効果が気になる人は、この記事を読んでニキビ跡ケアの方法を学んでおきましょう。

 

キズパワーパッドはニキビ跡に有効?

キズパワーパッドとは、体液の(滲出液)の治療能力を利用して治す方法が注目されています。薬剤を使うのではなく、人の持つ力を利用して治療してくれます。

 

ニキビ跡へのキズパワーパッドの効果

ニキビ跡へのキズパワーパッドの効果について解説します。

 

ニキビ跡の原因がクレーター(凸凹)の場合

クレーター場合は、セルフケアで治すのは時間もかかり非常に困難です。もちろんキズパワーパッドでも効果がありません。

 

ニキビ跡の原因が赤いニキビの場合

赤いニキビの場合は、ニキビが潰れていない状態だとキズパワーパッドでの効果も期待できますがニキビ跡になってしまうと効果がありません。

 

ニキビ跡の原因が色素沈着の場合

色素沈着の場合も、上記2種類のニキビ跡の通り効果はないようです。しかしニキビ跡には効果がないキズパワーパッドですが、特定のニキビ、『つぶれてしまって、血やキズが見えるニキビ』『膿が出てるニキビ』には効果を発揮してくれるそうです。

 

キズパワーパッドをニキビ跡ケアに使う場合の貼り方

キズパワーパッドをニキビ跡の大きさに合わせて切ります。キズパワーパッドはとても柔らかい素材なので、ハサミで簡単に切ることができます。四隅を丸くカットすると、剥がれにくくおすすめです!

 

ですが、清潔なハサミを使用するようにして下さいね。肌を綺麗な状態にする為に、水できれいに洗い水分を拭き取って下さい。そしてニキビ跡を覆うように、キズパワーパッドを貼って下さい。

 

キズパワーパッドによるニキビ跡ケアについてまとめ

薬局や市販で簡単に購入できるキズパワーパッドですが、ニキビ跡のケアにはあまり効果が期待できません。私のおすすめするニキビ跡ケア化粧品を使って、背中のニキビ跡を綺麗にしましょう。

 

>>背中のニキビ跡ケアにおすすめの化粧品ランキング