ケミカルピーリングでニキビ跡は消える?凸凹や赤みへの効果を解説!

皮膚科でのニキビ跡ケアとして注目を集めるケミカルピーリング。背中のニキビ跡を消すことは出来るのでしょうか?凸凹や赤みへのケミカルピーリングの効果や、治療料金について解説します。

 

ニキビ跡へのケミカルピーリング治療の効果

ニキビ跡へのケミカルピーリング治療の効果について、ニキビ跡の原因別に解説します。

 

ニキビ跡の原因がクレーター(凸凹)の場合

フルーツ酸を使用したケミカルピーリングを行うことにより、古い角質を取り除き新陳代謝をアップします。肌の奥深くにできてしまった傷も、新陳代謝のアップで治りが早くなる効果が期待できます。

 

ニキビ跡の原因が赤みの場合

炎症が原因での赤みも、ケミカルピーリングによって抑えることが可能です。毛穴から出る皮脂の分泌量を抑え、ニキビの原因菌も退治してくれます。

 

ニキビ跡の原因が色素沈着の場合

ケミカルピーリングによって、肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが促進されます。そのため、色素沈着により溜まってしまったメラニンを、早くに排出することが可能です。

 

ケミカルピーリング治療でニキビ跡を消す場合の料金について

ケミカルピーリングは保険適用外の施術になります。そのため、サロンやクリニックよって料金にかなり幅があります。ケミカルピーリングは1回のみの施術で症状が改善する場合が少なく、数回施術に通う必要があります。

 

1回のみの施術料金なのか、数回のパック料金なのかを、きちんとサロンやクリニックに確認することが必要です。

 

ケミカルピーリングによるニキビ跡ケアのメリット・デメリット

ケミカルピーリングによるニキビ跡治療のメリット・デメリットについて解説します。

 

ケミカルピーリングによるニキビ跡ケアのメリット

肌の表面のみケアすることで、解消が難しかったにニキビ跡も、肌の奥深くへアプローチできるケミカルピーリングで解消することが可能です。肌の新陳代謝を活発にするので、ニキビ跡だけでなく、肌全体が綺麗になるというメリットがあります。

 

ケミカルピーリングによるニキビ跡ケアのデメリット

ニキビ跡によっては、一度の施術のみで完全に解消することが難しいです。そのため、料金が施術のたびにかさんでしまいます。また、妊娠中や授乳中は施術がNGになります。

 

ケミカルピーリングによるニキビ跡治療についてまとめ

ニキビ跡の原因に関わらず、高い治療効果が期待できるケミカルピーリング。ただし、1回の施術でニキビ跡が消えることはありませんし、治療費が高額になるのがデメリット。

 

まずは自宅で出来るニキビ跡治療から取り組み、それでも改善しなかった場合はケミカルピーリングを検討するという流れのほうが良いのでは無いでしょうか?私のおすすめるするニキビ跡ケア商品ランキングを参考に、綺麗な背中を目指しましょう。

 

>>背中のニキビ跡ケアにおすすめの化粧品ランキング